アートチップアワード

アートチップアワード

アートチップアワードは、日本国内でも注目度の高いコンペで、日本ネイリスト協会が主催を行っています。

このコンペは、2015年に第4回目を迎えていますが、毎年注目度が上がり続けることで、毎回数百人規模の応募や参加があります。アートチップアワードの特徴には、開催におけるテーマがあり、内容の条件に合った作品を提出する決まりが存在します。審査は投票型式で、2日間投票が募集されますから、参加者は最後まで気が抜けない緊張感があります。

アートチップアワードの投票の公平性は、日本ネイリスト協会が管理を行うことによって、結果の信頼性が保証されています。上位には賞品がありますし、入賞するだけでも実力の評価に繋がるので、ネイリストが憧れる挑戦の舞台といえます。

日本ネイリスト協会では、アートチップアワード以外にも複数のコンペを開催しているので、実力やテーマに合った参加を希望することが出来ます。全日本ネイリスト選手権は、日本ネイリスト協会主催の中でも、特に競技性と難易度の高さが特徴になっています。
参加人数だけではなく、平均的に技術力の高い人が参加しますから、実力の差が顕になったり、厳格に評価される厳しい舞台であると言えます。
その点アートチップアワードは、比較的難易度が低く、気軽に参加出来る魅力があるので、参加しやすいコンペとして人気があります。参加要件は非常に緩く、テーマや条件さえ満たせば参加出来るので、プロだけではなくアマチュアも腕を競い合っています。
しかし、比較的簡単な種目だとしても、創造性を活かした作品が求められているので、決して簡単に上位入賞を狙うことは出来ません。

大切なのは、競技の目的やテーマを良く理解することで、後は技量や能力が作品作りに関わりますから、挑戦の場と考えれば価値ある場所になり、1位の賞品は、賞金と記念プレート、そして副賞の3つですが、4つ目には1位獲得という実績が加わります。
2位から5位までに賞金はありませんが、他の賞品と各順位の実績は得られるので、1位と同じくそれぞれに非常に大きな価値があると言えます。
テーマに合う作品であれば、自己主張を行うことが可能ですから、能力をフルに発揮して完成させた作品が公開出来る場になります。日本ネイリスト協会は、ネイリストの技術力アップと活躍の機会を支えているので、今後も毎年開催される可能性が高いと考えられます。
挑戦の機会に最適ですし、初めて参加するコンペとしても適していますから、腕試しに向いた絶好のチャンスであると言えます。

ネイティフルコンテスト

ネイティフルコンテスト

ネイリストの人気がこの頃高くなっていますが、このような仕事をしている方を支援している団体に日本ネイリスト協会があります。
この組織ではネイリストの資格が取れるようになっていたり、仕事の支援をしてくれる活動をしています。日本ネイリスト協会は定期的にイベントを行っており、そのイベントはより高いネイリストをめざすために行われています。

このイベントにはいろいろな種類があるのですが、最近よく行われているのがネイティフルコンテストと呼ばれるものです。一般的にネイルでは爪の部分だけを装飾する事が多く、それ以外の部分についてはあまり対応をしていません。そのようなことを変えようというのがこのネイティフルコンテストで、ファッションとセットでネイルを行うものになっています。

このイベントでは衣装とネイルをセットで演出するようになっており、特定のテーマにそって新しい表現を行います。イベントではプロ向けのものと一般向けの競技が存在していて、それぞれ別々に競うようになっています。プロ向けのイベントでは専門知識を持った方が新しい表現を目指し、一般向けでは学生の方が実力を試します。
このイベントは非常に評判がよく人気があるので、ネイリストコンテストとして定期的に行われています。以前はネイリストコンテストというとどちらかというと地味で、あまり目立つようなファッション性はありませんでした。もちろんネイリストの専門家からすると評価できるところもあったのですが、一般的には大きな影響がありませんでした。

それがこのネイティフルコンテストでは衣装なども工夫することにより、ファッション性が向上して多くの人が興味をもつようになりました。
このコンテストでは衣装も工夫をするので、そういう点についてもよく考えておく必要があります。

ネイルの技術だけではなく総合的な美術的感覚が重要で、そのようなことを理解しておくことが大事です。このネイティフルコンテストは定期的に開かれており、ある程度条件が整っていれば誰でも参加をすることができます。

例えばネイリストとして仕事をしているとか、そういう関係の学校で学んでいれば参加をすることは可能です。参加をする時はある程度費用がかかりますけど、それほど大きな負担にはならないようになっています。

ネイティフルコンテストでいい賞をとることができれば、ネイリストとして箔がつき高い評価を受けられることもあります。