アートチップアワード

アートチップアワード

アートチップアワードは、日本国内でも注目度の高いコンペで、日本ネイリスト協会が主催を行っています。

このコンペは、2015年に第4回目を迎えていますが、毎年注目度が上がり続けることで、毎回数百人規模の応募や参加があります。アートチップアワードの特徴には、開催におけるテーマがあり、内容の条件に合った作品を提出する決まりが存在します。審査は投票型式で、2日間投票が募集されますから、参加者は最後まで気が抜けない緊張感があります。

アートチップアワードの投票の公平性は、日本ネイリスト協会が管理を行うことによって、結果の信頼性が保証されています。上位には賞品がありますし、入賞するだけでも実力の評価に繋がるので、ネイリストが憧れる挑戦の舞台といえます。

日本ネイリスト協会では、アートチップアワード以外にも複数のコンペを開催しているので、実力やテーマに合った参加を希望することが出来ます。全日本ネイリスト選手権は、日本ネイリスト協会主催の中でも、特に競技性と難易度の高さが特徴になっています。
参加人数だけではなく、平均的に技術力の高い人が参加しますから、実力の差が顕になったり、厳格に評価される厳しい舞台であると言えます。
その点アートチップアワードは、比較的難易度が低く、気軽に参加出来る魅力があるので、参加しやすいコンペとして人気があります。参加要件は非常に緩く、テーマや条件さえ満たせば参加出来るので、プロだけではなくアマチュアも腕を競い合っています。
しかし、比較的簡単な種目だとしても、創造性を活かした作品が求められているので、決して簡単に上位入賞を狙うことは出来ません。

大切なのは、競技の目的やテーマを良く理解することで、後は技量や能力が作品作りに関わりますから、挑戦の場と考えれば価値ある場所になり、1位の賞品は、賞金と記念プレート、そして副賞の3つですが、4つ目には1位獲得という実績が加わります。
2位から5位までに賞金はありませんが、他の賞品と各順位の実績は得られるので、1位と同じくそれぞれに非常に大きな価値があると言えます。
テーマに合う作品であれば、自己主張を行うことが可能ですから、能力をフルに発揮して完成させた作品が公開出来る場になります。日本ネイリスト協会は、ネイリストの技術力アップと活躍の機会を支えているので、今後も毎年開催される可能性が高いと考えられます。
挑戦の機会に最適ですし、初めて参加するコンペとしても適していますから、腕試しに向いた絶好のチャンスであると言えます。